So-net無料ブログ作成
検索選択

HD-DAC1を使った感想 [再生機器]

 HD-DAC1を使い始めてそれなりに時間が経ちましたのでレビューを書こうと思います。

久々のレビューで緊張するなぁ(笑) 

 

 外観

P1020014編集済.jpg 
↑USBのL字変換コネクタを使用しています

これだけ高音質・高機能でこれだけコンパクトなのは凄いなと思います。

小学生の時から使っている勉強机にA4サイズのノートPCを並べて置けるぐらいコンバクトです!

 

 機能

 USB-DACとして使うときはPCに専用のドライバーをインストールしておく必要があります。ちょっと面倒ですが、HUD-MX1みたいに持ち運んで色んなPCとつなげるわけではないので我慢(ーー;

そんなことよりも、HD-DAC1には全面にUSB端子がついて、ここにiphoneやUSBメモリを差すだけ音楽を聞くことができます! 

HUD-MX1を使ってて、良い音で音楽を楽しみたいけど、PCを着けるのが面倒くさいなぁ。。

とか、うちのノートPCは排熱が糞だから夏場は長時間起動できないだよなぁと思うことが多々有りました。
(その後、すぐにPC買い替えましたが(爆))

HD-DAC1なら、事前に余ったmicroSDやUSBメモリにWAVファイルを入れておくだけでPC無しで音楽を楽しむことができます! 

USB以外にも入力端子は同軸、光、ステレオミニプラグがあるので、多様な機器と接続できます。

 

音質

音質は非常にいいです。同価格帯のUSB-DACと聴き比べはしていませんが、3万以下のUSB-DACとははっきり差が有りました。HD-DAC1の方が一音一音が明瞭でしたし、音量を上げていっても全然不快になりません。この心地よさはマランツの音作りも影響していると思います。

とはいえ、既にHUD-MX1は売却してしまいましたし、他のUSB-DACは視聴したのみなので、この項目は軽く読み飛ばして下さい(^^;;;; 

この価格帯の商品を買うときは必ず視聴してから買うでしょうし、というか必ず視聴して下さい!(出来れば、自前のPCとヘッドホンを店に持参して)

特にUSB-DACはPCとの相性で不具合を起こすことがあるのでご注意下さい。

 

ちょっと困っているところ

さて、ここからが本番ですね。。順番に書いていきます(`・ω・́)ゝ

①それなりに発熱する 

音質重視で電力使いまくっているからでしょうが、30分程度使ったただけで天面が暖かくなります(40℃ぐらい?)

これぐらいはノートPCと同等程度なので許容範囲内の発熱ですが、気になる方はオーディオショップで確認して下さい。 

 

②リレー音がうるさい! 

音楽を再生・停止する度にバチッと大きな音がなります(^^;;;

手頃な価格帯のUSB-DACは半導体のリレーを使うことが多いため、このような音は鳴りません(少なくともHUD-MX1も鳴りませんでした)。

高価なオーディオ製品には音質面で優れたメカニカルリレーを採用することが多いらしいです。

こんなにも切り替え音が大きいなら、音質に優れていても意味ないような・・・。 

 まあ、慣れればそこまで気にならないと思います。

リレーの種類について 

 

③リレー切替時、ヘッドホンからプツッとノイズが聞こえる。 

はい、これが一番困っているところです。 

この件はマランツに何度か問い合わせしているのですが、話はいつも平行線なってしまって議論になりません(怒) 

最初は何故こんなノイズが鳴っているのかわからなかったのですが、インターネットで調べていくうちにリレー切り替え時にノイズが乗るという話題を見つけて、そこで初めてリレーが原因であることがわかりました。
(マランツにも問い合わせましたが、PCのスペックが低いからだ。PCが悪いの一点張りで話になりませんでした) 

また、これは私のPCだけの問題かもしれませんが、ASIO出力を使うと再生・停止以外にも一停止、スキップでもリレーが切り替わってしまいます。foobar2000だと、何か設定を変えるだけでもリレーが切り替わります(爆)

他にもmedia monkeyやxmplayも使ってみましたが、ASIOだと再生・停止以外にも一停止、スキップでもリレーが切り替わってしまいます。 

私はマランツの専用ドライバーに問題あるんじゃないのかな-なんて妄想しているのですが、私もそこまでPCに詳しくないので何とも言えません。。

ただ、今使っているPCはcore i7のメモリ8GBなので、決して低スペックではありません。

再生している曲も16bit、44.1kHzのflac(CD並みの音質)なので、PCにほとんど負荷がかかっていません(CPU使用率3%、メモリ30%程度)

 

 

 

リレーの切り替えの対策

Media Monkeyのトラック冒頭/末尾の無音部を除去にチェックを入れる(Directsound output又はwasapi outputの設定画面)

 wasapi.PNG

とりあえず、急に音が途切れなければリレーの切り替えをしないようです。

(残念ながら、ASIOのプラグインにこの機能は見当たりませんでした。。)

 色々試してみましたが、やはり一瞬でも無音時間があるとリレーが切り替わってしまうので、プレーヤー側で無音部を除去してあげれば、無駄なリレー切り替えはなくなります。

もし、無駄にリレーが働いてムカツク!!っと思っている人は試してみて下さい。

 

 ②ヘッドホン出力端子に抵抗を入れる 

手軽にノイズを減らしたい方はやってみてください。ノイズの量は常に一定のため、ヘッドホン端子に抵抗を入れるとノイズは消えます(SHUREの可変抵抗器で確認済)

ただし、音質に影響があるのでお勧めしません。 

 

 

最後に、リレーのノイズに関してマランツから帰ってきた返答の一部を載せておきます。これをしたところで治ることは無いと思いますが。。

何故なら、マランツはPCからのノイズが原因だと主張していますが、HD-DAC1の全面のUSB端子にUSBメモリを使って音楽を再生しても、同様のノイズが発生するからです。

・ソフトのバッファーサイズを上げる
・ノートPCですので、必ずAC電源をつけて再生する
・PCの省電力モード設定をOFFにする
・PCの常駐ソフトを出来る限り停止する
・USB接続は、HD-DAC1のみにする
・USBケーブルが長尺の場合は、短いケーブルに交換
 (念のため、短いケーブルの場合でも交換して試してください)
・他のアプリケーションソフトを稼動させない
・USB端子を変更する
・USB-HUBを介している場合は、HUBを介さず接続
・HD-DAC1側のゲイン設定を変更してどうか

下記は、上記が効果がない際にお試しください。
・Winodwsの標準サウンドを無効にしてお試しください。

・他のUSBオーディオドライバー(PC標準は除く)を削除する。

 

困ったことを3点書きましたが、それでもHD-DAC1はいい音鳴らしてくれるので、満足しています。

決して悪い製品では無いので、これから末永く使っていきたいと思っています。

それだけにマランツの対応が残念ですが。。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m 

 

>2016年11月03日

沢山の閲覧ありがとうございます。

リレー音対策について追記しておきます。

 結局のところ、このリレー音は曲と曲の間の無音部分のせいでリレーが切り替わってしまうようです。

そのため、mediamonkeyの無音部削除が効いたようです。

参考に今の私のmediamonkeyの設定を載せておきます。

 aa.PNG

クロスフェードを有効にすることで、より無音部分が発生しにくくしています。

他のプレーヤーでも無音部分削除とクロスフェードを使うことでリレー音対策できると思いますので、是非実践してみてください。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。